== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== イベント ==

原画販売、絵本・絵ハガキ再販♪

キリ番8888もうすぐですね~
は、はやい;


ここで原画販売、絵本・絵ハガキ再販のお知らせです♪
【Alium mundum ―月のとびら―】展で展示された原画全8展を大放出いたします!

額屋さんが「この絵を待っていたんだね」と言って下さった素敵な額装です♪

052.jpg

まるで牛革?っていう加工。
シック~♪

046.jpg

絵本もほんの数冊です。
ご購入予定の方、お急ぎくださいませ♪

TEATROカート(http://nelteatro.cart.fc2.com/)
へどうぞ♪
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:20:27 ━ Page top ━…‥・

== キリ番 ==

8888キリ番募集のお知らせと、7777キリ番プレゼント報告♪と、8000キリ番結果報告www

タイトル長ェ


キリ番8000をゲットしたのは
絵本製作に協力してくださいましたりりさんでした♪
ありがとうございます♪
何がいいですか~~?←


引き続きキリ番8888募集記事ですw
踏まれた方はカウンタのスクリーンショットとっていただいて
私あて( @nelteatro )に呟くか
メッセージお願いします♪

絵、彫り、アクセサリー
オリジナルの何かを製作しますので
ご希望の項目を記入してください♪



で、7777キリ番は何になったかと言いますと

まずお一人目のひのみ♪さん
なんとこちらに記事を書いてくださいました♪
わーいありがとうございます♪
彫りのリクエストでしたので、
彼女をイメージしての「龍」
中央にあるクローバーみたいなのは
何かをグッと掴んでいるような凝縮した感じ。
ちいさなスモーキークォーツに彫らせて頂きました♪
20130616190849bads.jpg
ひのみ♪さんが撮られた写真があまりにも綺麗だったので使わせて頂きましたw
彼女は屋久島屋久島でご活躍されてるアーティストさんなのです。
リーディングした守護存在の絵を描くっていう。
すごい方なのです!




もうおひと方はYさん
リクエストはお任せだったので、
彼女をイメージしたイラストを描かせて頂きましたん♪
haisuikou017000.jpg
常にわくわく、興味津津な人っていうイメージです♪
桜祭りの時に色々チャレンジしてくださっていたので、
塗り絵仕様にしてみましたwww


お二人方、ありがとうございました♪



キリ番ゲット希望者の方は8888目指してガンガン踏んでくださいませ♪
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:46:51 ━ Page top ━…‥・

== イベント ==

絵本ご感想【Alium mundum ―月のとびら―】

【Alium mundum ―月のとびら―】線画と物語の展示、無事に終了いたしました!!

私の無理なお願いに快く応えコラボしてくだすったさつきさん、
コラボを支え、素敵な絵本を作りあげてくだすったりりさん、
遠い所から駆け付け、展示を盛り上げてくだすった月子さん
展示開催を応援してくだすったみなさま

そして…
遠くは長野や福島、愛媛や神戸から
東京中野の旅屋さんに足を運んで下さり、展示を見てくだすったみなさま!

お陰さまで展示は好評、大盛況
会期中に絵本も完売となりました

本当にありがとうございました!!!

私、しあわせ者でございます(涙)



皆さんから頂いた絵本のご感想
私が嬉しくてたまらないので、一部ご紹介させて頂きます♪

さつきさんの所でも絵本の感想が寄せられておりますので、重複する所もございますが、併せてどうぞご覧くださいませ♪
Alium mundum ―月のとびら― ご感想 1
Alium mundum ―月のとびら― ご感想 2

Joeさん
「とても奥行きのある大人の絵本だと思いました。文はモチロンなんですが絵が(^_^;)絵が(T ^ T)
開ける時に娘もいたんですが唸ってました。
いやー。細かい。細かいです。
読んでる間中、頭のてっぺんから背骨からゾクゾクしっぱなしでしたー。
すっごい刺激的。
購入して良かったです。
私の祭壇(大切な物専用置場)に飾ってます。」



アナスタシアさん
「teruさんとさつきのひかりさんの世界が交ざりあい、とても素敵な絵本ですね
途中から、ポロポロと涙が落ちて、絵本を汚さないように気をつけながら見させて頂きました。

『かつての友』と『白と黒』がお気に入りですが…
『邂逅』のドラゴンと男の子の廻り合いも、とってもほほえましくて…

オムニバスなのに奥底には『愛』という共通のテーマが感じられました

早速、次の絵本も心待ちにしております(*^_^*) 」



Yさん
「teruさんの描かれる絵は、どれも本当にやさしく感じるのです。
やさしくて、あたたかくて、安心できて。
だから、絵を見ていると、その絵の中に吸い込まれるような感覚があって、物語にもすごく入り込みやすかったです。

お話はドラゴンのお話が大好きです♪
絵だけでいうと、最後の月の絵がなんだか安心して眠れそうな感じがして大好きです♪

素敵な旅に連れ出してくださって、どうもありがとうございました*^^*
これからも、こういった作品を続けていただけたら嬉しいな♪」



Fさん
「とても繊細で、それでいてなんだかとても迫力のある絵で、圧倒されてしまいました。
特に、大好きなモン・サンミッシェルの絵もあって、この絵とドラゴンの絵のポストカードは、家にあるコウモリのような翼の怪物をふんづけて、剣を振りかざしているイケメンミカエルの像の両隣りに置いて眺めようと思ってます。
何度も、何度も読み返したい絵本ですね。」

「絵本の中のお話一つ一つに本当に愛を感じますよ。
ハートがふわっと暖かいもので満たされていくような・・・。
心がほっこりしますね。

汚さないように、大事に保管せねば、と思ってます。」



Lさん
「カリグラフィーの様な筆文字宛名とサインにニヤけ、開封して本にもニヤりとしました。不思議な絵本ですね。まだまだその先がある絵本。何回も読み返したくなる絵本でした。とりあえず次男に取られない様にします。」



ショートストーリーやポエムにして下すった方も!

Lynxさん
「丸窓の向こう側の散り時を焦がれる、桜花を眺める風景から物語が始まります。春は寝入り端の現と夢の境界が弛む季節なのでしょうか… 頁を繰ったあなたに語り部が、やさしく呼びかけます。「旅に出ようとおもうんだ」 おいでと誘うほのかな灯火は、薄紅の十六夜なのかもしれません。 #月扉/春の灯り

爛漫の桜をくぐり抜けた先に、ふわりと出現した異国の風景は?大きな木の傍らに立つ子どもの前に広がる光景。語り部の謡う物語にときめかせる心が伝わってきそうです。7つの丘の花を摘み、あなたが幸せであるように…7つの丘を巡る風は変わらず、草花を揺らしているでしょう。 #月扉/丘の青い花

花から顔をあげると、背高のっぽのシルエットがニコニコと見下ろしています。明るい日差しと古い柱の間を駈け抜ける風に麦わら帽を押さえて、ほら?耳をすまして…。寡黙なようで語り上手な柱たちがあなたに聞かせてくれます。彼らが栄華の時間の中に立ち、眺めた時代の話です。 #月扉/語る柱たち

古い柱をめぐる回廊の跡が、みるみる鮮やかさを取り戻すと、そこに現れたのは美しいアラベスク文様の壁。振り返ればイスラム様式の壮麗な庭園と噴水のある難攻の砦。しかし、民を臣を生かすと決意を込めた王様の、低く透る声が回廊のアーチを巡って聞こえてきそうな…静寂。 #月扉/かつての友

静まった回廊に汐の音が、すいと割り込み微かに響く。あれは、サン•マロ湾に浮かぶ威風堂々たる西洋の驚異。今、海は遠くに引いています。黒い翼の彼は、腐れ縁の名を冠した島を眺め、サフォーク種の羊たちに逆に眺められながら、剣を佩くその名の待ち人が現れるのを待っています。 #月扉/白と黒

黒い翼が軽やかに飛び去った後の野原には、だぁれもいない…はず、なのに、ぉゃぉゃ? 空中で呑気にゆらゆらしているこの長細いものは、なぁに? 鱗がきらり、触覚みたいな毛もにょろり。尻尾わくわく(笑)きっと前に会ってる恥ずかしがり屋がそっと合図してきているのかもしれません。 #月扉/邂逅

思いがけない出会いとハグを交わして歩き出す。日差しがきつくなってきました。ああ木陰の涼しいこと。日陰の石畳はヒンヤリで火照った足を冷ましてくれます。彼は沢山歩きました。この旅だけではなく長い道を歩いて、この先も旅を続けるのでしょう。 #月扉/Modo ad aliam mundi

歩いて行った男の人を見送って、木陰を作っていた木を見ると船の形になってる月のドア。ぱかっと開けたら「おかえり」と、ふかふかベッド。「ただいま」ぽふんと転がって今夜の夢の冒険はおしまい。またね、お月様 笑 
Alium mundum ―月のとびら―  / #月扉/おかえり 」



Katzeさん
「草原に立つ一本の太い櫻。
おそらく月光に照らし出されているのだろう。
春の夜特有の風に、舞い上がる花びらが幻想的な雰囲気を醸し出している。/春の灯り

洋の東西の交差点。ドーム型のモスクと取り囲む尖塔。
長きにわたり、交通・通商の要衝となった地には七つの丘。
ああ、あのモスクたちは今は。/丘の青い花

高き柱は何を語るのか。
かつてあった文明を、文化を、人を、祈りを。
小さな子供は、柱になにをみるのか。 /語る柱たち

かつては、友であった。いまは違う。
多くの同胞とこの冠、天秤にのせるものではない。
国は形にあらず、民の心の中にある。 /かつての友

ゴシックの偉容。
海辺の町に建てられた教会は、長い歴史のうちにうち捨てられたことも、
争いに巻き込まれたことも数多くあったが、今は、静かに巡礼者を受け入れている。 /白と黒

たまにいるんだよね。己とまったく違う生き物を怖がらない相手。
あまりに小さな子供を、傷つけないように、そうっと、そうっと触れるのがどれだけ難しいことか!
そっと、抱き上げれば、まだほのかに甘いミルクの香りがした。 /邂逅

老いた男と、白い犬が一匹。
一人と一匹、当て所ない旅の終着点などわからない。
ただ、この旅は彼の人生そのものなのだ。旅立つ時に、旅立ってからも何故旅をするのかと自問した。
確たる答えはない。だが、この旅はとても楽しい。ただそれだけだ。 /Modo ad aliam mundi (別世界への道)

ふと、夜中に目が醒めた。
いつもよりも、大きな月。夜空に浮かぶ小舟のような三日月。
おかえり、ただいま。
彼と月と、どちらがそう言ったのかはわからない。
月は少年を仄かに照らし、少年は月へ手を差し伸べた。 /おかえり 」



瑚月さん
「teatro teruさんの展覧会が昨日でめでたく最終日を迎えられましたw。行きたかったけど行けなかったわてくしは絵本を購入させて頂きましたw。teruさん、お疲れ様でした!そしていい作品をありがとうございました。

いい作品、とは人の心や身体を震わせる。月扉を見終わった後、最後のページの幼子の様に旅の続きをもっと求めてしまう。楽しさ、驚愕、畏敬、色々な感情が絵と文と構成の妙により呼び起こされる。 #月扉

そしてこの作品の一番素晴らしい所は、読み終わった後の「もっと」の次に、「自分で何かしたい」という心が沸き起こることだ。それは作品に関わった方々の純粋な「喜び」から伝播するものだと思う。 #月扉

詩を書きたい、絵を書きたい、人それぞれ「生み出したい」ものは違うが、そんな自分の中の詩人や作家を呼び起こす。ややすると受け身ばかりになりやすいこの世界。その中で「自分だけの」芸術家が目覚めようと心を震わせる…。 #月扉

そんな力を持つ作品は本当に滅多にないのだが、見つけた時、作品自体と自分の心との出会いの2つの至宝の発見に喜びを隠し得ないのである。この絵本に出会えてよかったです。ありがとう。… #月扉

相互作用が凄くいいんだよね。絵だけでも文だけでももちろんいいんだけど、2つ揃うと世界がわ~~~~~~~~~~~って広がる感じ。その橋渡しが構成さんなんだけどね。」




匂いや風、音や色。人の気配や時間の流れ。
読んだ人、見た人の中で世界が広がる作品になった事がとてもうれしい(涙)
皆さん、素敵な感想

本当にありがとうございます!!(泣)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:15:01 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。